事業主貸 事業主借 違い

スポンサードリンク

事業主貸 事業主借 違い

個人事業主は事業用の財布と個人用の財布を使い分けることが望ましいですが、そうでない場合は多々あります。
(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

 

個人の財布から事業用の支払いをしたときや、その逆の時も勘定科目に『事業主貸』『事業主借』などを使います

 

事業主貸とは

個人のお金で支払うべきケースを事業用のお金で支払ったケースが該当します。事業主が個人に貸していると考えます。

 

事業主借とは

事業のお金で支払うべきところを、個人のお金で支払ったケースで使います。事業主が個人から借りていると考えます。

 

事業用の通帳に銀行から利息があった場合や、税金の還付や保険の解約に伴う返戻金が会った場合は、事業とは関係ないので『事業主借』を勘定科目して処理します。

スポンサードリンク

関連ページ

借方と貸方の違い
複式簿記では借方と貸方の記帳の違いを理解しないといけません。最初は難解でも覚えてしまえば理解できます。
個人事業主 借り入れ
個人事業主が事業を始めるにあたって金融機関から借り入れするケースもあります。借入金はどのように経理処理すればいいのでしょう。解説してみました。
会議費 接待交際費
会議費とか接待交際費っていうのは、扱いが難しい面もあります。正しく把握して節税できる使い方をしましょう。解説してみました。
クレジットカードを使った場合
経費をクレジットカードを使って支払った場合は、どのように会計処理すればいいのか、解説してみました。