確定申告 社会保険料控除

スポンサードリンク

確定申告 社会保険料控除

 

一年間で支払った社会保険料は確定申告の時に『社会保険料控除』として申請します。

 

そもそも社会保険料とは、納税者や配偶者やその親族負担するべき社会保険料を支払った場合と、給与から控除されるときに申請して受ける事ができます。
控除できる金額は、その年に実際に支払った金額や、給与、または公的年金から支払った金額の全額です。

 

確定申告の対処になる社会保険料

 

・健康保険
・国民年金
・厚生年金
・船員保険で被保険者として負担するもの
・国民健康保険
・介護保険料
・労働保険((雇用保険の被保険者として負担する労働保険)

 

・国民年金基金の掛け金
・厚生年金基金の掛け金
・国家公務員(地方公務員)共済組合法
・私立学校教職員共済法

 

などなどです。
(残りは公務員関係の共済関係です)

 

この中で主に青色申告に関係するのが、『国民健康保険料・後期高齢者医療保険料・介護保険料』であると思います。
確定申告が近づくと役所から、一年間に支払った社会保険料の納付金額のお知らせが届きます。

 

そのお知らせの中に、納付済みの社会保険料の合計金額が書いてあいてあるので、
確定申告の時に金額を書き込めばいいんです。

 
スポンサードリンク

関連ページ

個人事業主 開業費
個人で事業を始める時は、開業にお金がかかります。開業するのにかかったお金は開業費として必要経費にできます。
個人事業主 保険料
個人事業主は経費にできる保険料と出来ない保険料があります。
個人事業主 自宅の家賃 経費
個人事業主は自宅の家賃を経費として計上できます。ただし、注意点があるので把握しておく必要があります。
確定申告 減価償却
確定申告でよくわからいと言われるのが『減価償却』です。法律も細かいから、ケースによって違ってきます。
青色申告 帳簿の書き方
青色申告で確定申告する為には、一年間の取引を帳簿に書いて記録する必要があります。帳簿の書き方を解説します。
確定申告 e-tax
確定申告は、e-taxで申告することができます。自宅で作成して、データーを提出するので、手間がかかりません。
確定申告 領収書
確定申告で、経費として計上するものには領収書が必要になります。税務署に問われた時の証拠になります。だから、領収書は勘定科目ごとに分けて整理しましょう。
確定申告 経費になるもの・税金は?
確定申告で税金は経費に計上できるのでしょうか?調べてみました。
専従者給与
専従者給与について解説します。事業を始めたばかりの時は大切な節税になるので、上手に利用しましょう。