専従者給与

スポンサードリンク

専従者給与について解説

家族への給与
個人事業主が、『生計を一にする』配偶者やその他の親族に支払う給与を経費処理することは基本的にはできませんが、『事業専従者控除の特例』と『青色事業専従者給与の特例』を利用すれば経費計上できます。

 

ここでいう専従者の指す対象となる人は、『個人事業主と同一生計で15歳以上の配偶者や親・祖父母・子供らの『専ら』事業主の営む事業に従事している人』のことをいいます。

 

また、その家族が他から主な収入があってはいけないし、その年の6か月を超える期間仕事に従事している必要があります。

 

専従者の仕事内容
一般的には事業の勤労をしていれば内容に関わらず業務をしていると判断されます。
専従者として申請してあるのに仕事を何もしていなければ給与を支払う事はできません。

 

青色事業専従者給与に関する届出書を税務署に提出して、金額の範囲内や従事した時間などに応じて給与の支払いができ、全額経費計上できます。

 

所得税がかからない範囲で支払うと節税効果があるんです。
(*^o^*)

 
スポンサードリンク

関連ページ

個人事業主 開業費
個人で事業を始める時は、開業にお金がかかります。開業するのにかかったお金は開業費として必要経費にできます。
個人事業主 保険料
個人事業主は経費にできる保険料と出来ない保険料があります。
個人事業主 自宅の家賃 経費
個人事業主は自宅の家賃を経費として計上できます。ただし、注意点があるので把握しておく必要があります。
確定申告 社会保険料控除
確定申告では、社会保険料控除も申請します。
確定申告 減価償却
確定申告でよくわからいと言われるのが『減価償却』です。法律も細かいから、ケースによって違ってきます。
青色申告 帳簿の書き方
青色申告で確定申告する為には、一年間の取引を帳簿に書いて記録する必要があります。帳簿の書き方を解説します。
確定申告 e-tax
確定申告は、e-taxで申告することができます。自宅で作成して、データーを提出するので、手間がかかりません。
確定申告 領収書
確定申告で、経費として計上するものには領収書が必要になります。税務署に問われた時の証拠になります。だから、領収書は勘定科目ごとに分けて整理しましょう。
確定申告 経費になるもの・税金は?
確定申告で税金は経費に計上できるのでしょうか?調べてみました。