個人事業主 開業費

スポンサードリンク

個人事業主 開業費

 

個人で事業を始めるとなると、その前に開業の準備の為にいろいろな出費がありますよね。
それらは、開業前にかかったお金ですが開業費として開業後の確定申告時に経費として計上できます。

 

でも、開業費として認められる内容とそうでない内容があるので注意が必要です。

 

開業費になるもの

 

広告宣伝費

チラシ・ポスター・DM・HP作成代

 

研修費

研修・セミナーの受講料金

 

交際費

打ち合わせの食事・手土産

 

調査費

市場調査にかかったお金

 

交通費

交通費・出張代

 

その他

印鑑・名刺・文房具
パソコンソフト・書籍

 

など

 

 

開業費にならないもの

  • 家賃・水道光熱費・給与(毎月定期的に発生する費用)
  • 事業と関係ない食事代
  • 10万円以上の固定資産(パソコンなど)
  • 敷金

 

 

開業費仕訳

 

開業費は『繰延資産』として計上しておいて、数年して黒字になってから経費として計上すれば節税効果があります。
(5年以内で償却(経費化)することができます)

 

開業後、経費にする時期や金額を自由に決められることを専門用語で『任意償却』といいます。

 

仕訳をするときはこのように書きます。

 

開業日に開業費を繰延資産に計上します。

借方 金額 貸方 金額
開業費 600,000 事業主借 600,000

 

 

年度末の決算日に黒字になっていて、減価償却できるなら

 

借方・減価償却
貸方・開業費

 

で、必要経費に計上できます。

 
スポンサードリンク

関連ページ

個人事業主 保険料
個人事業主は経費にできる保険料と出来ない保険料があります。
個人事業主 自宅の家賃 経費
個人事業主は自宅の家賃を経費として計上できます。ただし、注意点があるので把握しておく必要があります。
確定申告 社会保険料控除
確定申告では、社会保険料控除も申請します。
確定申告 減価償却
確定申告でよくわからいと言われるのが『減価償却』です。法律も細かいから、ケースによって違ってきます。
青色申告 帳簿の書き方
青色申告で確定申告する為には、一年間の取引を帳簿に書いて記録する必要があります。帳簿の書き方を解説します。
確定申告 e-tax
確定申告は、e-taxで申告することができます。自宅で作成して、データーを提出するので、手間がかかりません。
確定申告 領収書
確定申告で、経費として計上するものには領収書が必要になります。税務署に問われた時の証拠になります。だから、領収書は勘定科目ごとに分けて整理しましょう。
確定申告 経費になるもの・税金は?
確定申告で税金は経費に計上できるのでしょうか?調べてみました。
専従者給与
専従者給与について解説します。事業を始めたばかりの時は大切な節税になるので、上手に利用しましょう。