確定申告 青色申告

スポンサードリンク

確定申告 青色申告

 

2014年の確定申告からルールが変わって、白色申告でも記帳(単式簿記)、帳簿保存が義務付けられました

今まで記帳の義務が無かった所得が300万円以下の人も記帳と帳簿保存が義務になりました。
帳簿は7年間、請求書、納品書、領収書は5年間保管しないといけない。

 

つまり、白色でするより「全員青色で申告しろ」という内容です。

 

 

青色申告では単式簿記で記帳すると10万円の控除を受けれますし
(白色でも単式簿記で記帳しないといけないのですが、10万円の控除はありません。つまり、青色で申告したほうが控除金額を得られるので納税額が減るのです)

 

さらに、65万円の青色申告特別控除があって、これを受けるには「複式簿記の記帳、貸借対照表の提出、損益計算書の提出が必須になります」
また、青色は赤字の3年繰り越しができます。

 

ぜひとも、65万円の控除をゲットしましょう。

 

簿記が苦手な人でも、会計ソフトを使えば、カンタンにマスターできます。

 

 

準備する書類

青色申告をするのに準備する書類です。

 

税務署に届け出る書類
  • 個人事業の開業・廃業届出書
  • 青色申告承認申請書
  • 青色事業専従者給与に関する届出書
  • 給与支払事務所等の開設届出書
  • 源泉所得税の納期の特例に関する申告書

 

確定申告時
  • 各種保険料の控除の証明書
  • (生命保険・地震保険・個人年金・国民健康保険・国民年金・寄付金・小規模企業共済)

  • 給与所得がある人は源泉徴収票
  • 公的年金源泉徴収票
  • 高額医療費の領収書
  • 住宅取得の控除の為の書類
  • (登記簿謄本、請負契約書or売買契約書の写し、住民票の写し、住宅取得借入金の年末残高証明書)

 

 

青色申告 提出書類

青色申告で提出する書類は、『青色申告決算書』『確定申告書B』になります。

 

青色申告決算書

青色申告決算書は、『損益計算書』 『損益計算書の明細』(月ごとの売上や仕入れで1枚、減価償却や家賃などで1枚合計2枚) 『貸借対照表』の合計4枚で構成されています。
損益計算書では、売上から仕入れ原価や経費を引いて差を出します。その金額から青色申告特別控除を控除して、所得の金額を計算します。

 

貸借対照表

期首と期末の資産と負債・元入金を入れて財務状況を出します。資産と負債で左右に分かれているのですが、合計金額は必ず同じになります

 

確定申告書B

確定申告書Bの1枚目は『第一表』と言って所得を計算します。2枚目は『第二表』といい1枚目の明細になります。この確定申告書Bでは事業以外の不動産や配当、他の会社で働いた給与などの所得も記載します。

 

 

 

青色申告 個人事業主

 

個人事業主 開業費

 

個人事業主 保険料

 

確定申告 社会保険料控除

 

確定申告 減価償却

 

青色申告 帳簿の書き方

 

確定申告 e-tax

 

確定申告 領収書

 

白色申告

白色申告の特長を書いてみます。

 

申請手続きが要りません。(青色は必要)

 

 

記帳が必須

以前は個人の判断でしたが、平成26年1月から白色申告をする人も記帳と帳簿の保存が義務化されました。

その内容は、収入金額、仕入れや必要経費、取引の日時、取引先の名称、金額です。
作成するする書類は収支内訳表になります。

 

確定申告 青色申告記事一覧

個人事業主 開業費

個人で事業を始めるとなると、その前に開業の準備の為にいろいろな出費がありますよね。それらは、開業前にかかったお金ですが開業費として開業後の確定申告時に経費として計上できます。でも、開業費として認められる内容とそうでない内容があるので注意が必要です。開業費になるもの広告宣伝費チラシ・ポスター・DM・H...

≫続きを読む

 

個人事業主 保険料

個人事業主には、経費にできる保険料とできない保険料があります。その区別をしっかりと把握して、確定申告のときに忘れない様にしましょう。経費に出来る保険料火災保険・地震保険・自動車保険車や自宅に対してかけある保険料で事業に関連する部分は経費にできます。例えば自宅に掛けてある火災保険は、家事按分の割合(事...

≫続きを読む

 

個人事業主 自宅の家賃 経費

自宅で事業を行っている個人事業主にとって、自宅の家賃って気にある部分です。経費に出来るのでしょうか普通の会社がテナントビルに入居して家賃を払っているのなら経費に計上できるから、『個人事業主もできる』って考えるのがフツーです。答えは『経費に計上できます』o(^-^)o家賃、共益費、仲介手数料の全てが経...

≫続きを読む

 

確定申告 社会保険料控除

一年間で支払った社会保険料は確定申告の時に『社会保険料控除』として申請します。そもそも社会保険料とは、納税者や配偶者やその親族負担するべき社会保険料を支払った場合と、給与から控除されるときに申請して受ける事ができます。控除できる金額は、その年に実際に支払った金額や、給与、または公的年金から支払った金...

≫続きを読む

 

確定申告 減価償却

青色申告をするときは『減価償却費の計算』を提出しないといけません。その中の『ニ』の項目『本年中の償却期間』という項目があります。この意味、私も最初はまったくわかりませんでした。ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!調べてみたら、『資産を月の中途で取得したり譲渡したり取壊しなどをした場合は、その月を一ヶ...

≫続きを読む

 

青色申告 帳簿の書き方

青色申告で確定申告をする為には、その年一年間の取引を帳簿に記載して記録に残す必要があります。帳簿の種類は複数ありますし、簿記や会計の経験が無い人は、最初は分かりづらいかもしれませんが、一度覚えれば次からはスムーズに記載できるようになると思います。確定申告の帳簿には主要簿と補助簿と二つに分けられます。...

≫続きを読む

 

確定申告 e-tax

確定申告はe-taxで申告することができます。国税庁の告知が浸透してきたので、e-taxで申告する人の人数も年々増えています。税務署まで行かなくてよかったり郵送する手間が省けるから、大変便利です。確定申告 e-tax 事前準備e-taxをする上で事前に準備をして環境を整える必要があります。まずパソコ...

≫続きを読む

 

確定申告 領収書

領収書は必須になります。(当たり前ですが)領収書は、個人事業主でも、サラリーマンが会社の経費を申請するときでも必要です。なぜなら、『お金を支払った証明になるから』です。ここで疑問が湧くのですが、『手書きの領収書』でないといけないのか?ということ。最近は通常のレシートにも領収書と印字されていますし、支...

≫続きを読む

 

確定申告 経費になるもの・税金は?

税金は経費になるのでしょうか素朴な疑問ですね。税金を支払うと、当然現金が減ります。(+_+)その税金には、経費になるものとならないものがあるので間違えないように注意する必要があります。経費なる税金事業税(申告した時点で経費になるし、支払った時点で経費にすることもできる)消費税(申告した時点で経費にな...

≫続きを読む

 

専従者給与

家族への給与個人事業主が、『生計を一にする』配偶者やその他の親族に支払う給与を経費処理することは基本的にはできませんが、『事業専従者控除の特例』と『青色事業専従者給与の特例』を利用すれば経費計上できます。ここでいう専従者の指す対象となる人は、『個人事業主と同一生計で15歳以上の配偶者や親・祖父母・子...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク