保険 特約 必要

スポンサードリンク

保険 特約 必要

保険には様々な特約があります。保険会社によっても特約の内容は違いますし、この特約で他の保険会社と差別化を図ってサービスの充実をして会員を増やす(保険料収入を増やす)目的があるんです。

 

一例を上げてみます。

 

生前に保険金を請求できる特約
病気やケガの種類にかかわらず被保険者の余命が6か月以内と判断される場合、存命中に死亡保険金の範囲内で上限内の金額(例えば2000万円とか)で保険料が支払われる特約。

 

指定代理請求特約
被保険者が受取人となっている保険金等を被保険者が請求できない事情がある場合(認知症になってしまった・・・など)、あらかじめ指定された指定代理請求人が被保険者の代わりに請求手続きが出来る特約
指定代理請求人の範囲は戸籍上の配偶者・3親等内の親族・直径血族など保険会社によって範囲の決まりがあります。

 

指定代理人の見直しをする必要があったり、指定代理人本人がこのことを知らないケースもあるので、アドバイザーにアドバイスを求める例が多いです。

 

このように最近では、私たちのニーズに合う特約が増えていますので、どの保険会社にどんな特約があるのかアドバイザーに詳しく聞いてみることをおすすめします。
(o^∇^o)ノ

 

 

高度障害保険金

よくある特約としては、『高度障害』になってしまった場合の対応についての特約です。

 

その一般的な内容としては、被保険者が不慮の事故、疾病が原因で、約款に定める高度障害の状態に該当し、その状態が回復の見込みが無いと診断された場合、死亡保険金と同額の保険金が支払われると定めているケースが多いです。

 

約款に定める高度障害に『該当する、しない』、
回復する見込みが『ある、ない』ということで問題が起こりやすいです。

 

高度障害保険金の支払い事例
・脳出血が原因で、意識障害を起こして終身介護が必要になった。
・脊髄損傷が原因で、両足の機能が永久に失った。
・喉頭腫瘍が原因で、言語やそしゃくの機能が永久に失った。
・糖尿病性網膜症が原因で、両目の視力を永久に失った。

 

終身とか永久というのが判断の分かれ目になるのです。

スポンサードリンク

 
保険 見直しのコツとタイミング 保険 特約 必要 保険相談 Q&A