保険相談 Q&A

スポンサードリンク

保険相談 Q&A

大切な保険です。保険金や給付金が支払われてこその保険です。
誰もが疑問に思うこと、よくある質問をまとめてみました。

 

入院給付金Q&A

入院が長期になり、経済的負担が大きくなっており生活が大変です。退院していなくても入院給付金の請求はできるのでしょうか?

請求できます。退院をしていなくても『入院』が加入している保険や特約の支払い事由に該当していれば請求できます。
*支払対象や最低入院日数などを満たしていることが必要です。

 

帝王切開による出産のため入院しました。疾病入院給付金の対象になりますか?

帝王切開による分娩は支払対象になります

 

入院中に保険が満期になりました。入院特約も終了しました。給付金の請求はできますか?

請求できます。保険期間満了日までに入院が開始し、入院期間が最低日数の要件を満たしている場合は支払いの対象になります。ただし、一旦退院し保険期間満了後に再入院した場合、満了後の入院は支払いの対象になりません。

 

入院請求をしたいのですが、病院発行の診断書が必要ですか?

契約や請求の内容によっては病院発行の診断書に代えて、病院発行の『領収書』・『診療報酬明細書』・『退院証明書』等を使用して請求できるケースもあります。担当に問い合わせてみましょう。

請求する時に提出する各保険会社所定の診断書取得費用は契約者(つまり我々)の負担になるケースが多いです。しかし、提出したけれど保険金・給付金の支払い対象とならなかった場合は、診断書取得費用相当額を保険会社が負担するケースもあります。契約している保険会社の担当者に問い合わせてみましょう。

 

人間ドックで異常を指摘され、精密検査のために入院することになりました。疾病入院給付金の対象になりますか?

支払対象になります。検診で異常を指摘されて行う精密検査の為の入院は、治療目的の入院として最低入院日数を満たしている場合は支払対象になります。
注意ただし人間ドックのような検査の為に伴う入院は支払対象になりません。(治療のための入院でないとダメなんです。)

 

 

手術給付金Q&A

手術はお金がかかるから、保険でまかないたいですよね。

 

入院せずに日帰りで手術を受けました。手術給付金の対象になりますか?

支払の対象になります。約款に定められている手術に該当する場合は、入院の有無にかかわらず手術給付金の支払い対象になります。
注意手術の種類によっては支払できないケースもあります。

 

手術しましたが診断書発行に費用がかかります。事前に給付金が支払われるか、わかりますか?

担当者に確認しましょう。その際に『正式手術名』が必要になりますので担当医にあらかじめ確認しておく必要があります。

 

 

請求時の手続きのQ&A

昔に比べて請求の手続きは簡単になってきましたが、それでもまだまだ複雑な面もあります。

 

夫が『ガン』で入院しました。本人は告知されていません。請求人は夫ですが、妻が入院給付金を請求して受け取ることは可能ですか?

可能です。『ガン(悪性新生物)』による入院・手術などについては、給付金の受取人となる被保険者に正式病名を知らせていないケースも考えられることから、『ガン』に対して支払われる給付金は代理による請求・受領の扱いがあります。
*『ガン(悪性新生物)』以外でも請求人に代わって保険金・給付金の請求ができる『指定代理請求特約』があります。

 

妻が亡くなりました。葬儀費用などにあてたいので、死亡保険金をすぐに受け取る事が出来ますか?

可能です。葬儀費用など緊急の支払いの為に給付できるように、死亡保険金を即日支払できるサービスもあります。(上限金額あり)請求当日に死亡保険金の一部を受け取れます。
*このようなサービスがあるのか、できるのか、契約内容の確認と保険会社へまずは問い合わせて見る事が大事です。

 

先進医療の技術にかかわる費用を保障する保険特約に加入しています。給付対象となる先進医療の種類は加入時から変わりますか?

変わる可能性があります。給付対象となる先進医療の種類は、厚生労働大臣の認定が適宜見直しされるので、それに伴い変更されます。新たに認められた先進医療や医療機関は給付対象になります。

 

入院中の為、受取人本人から連絡できません。本人から連絡しないと請求書類は送ってもらえないのでしょうか?

受取人の親族であれば送付依頼できます。親族から担当者やコールセンターに連絡しましょう。

 

事前に給付金の請求方法を教えて下さい。

一般的な流れとしては、まず、保障内容を確認します。
入院した人が被保険者か・入院を保障する契約か・特約の内容などを確認します。
契約内容や特約の内容では、退院後通院した場合や、事故によって所定の障害状態になってしまった、所定の高度障害になってしまったケースでも給付されます。

 

次は、担当者に伝えて請求書類を送ってもらい、記入後、書類と必要書類(診断書など)を提出して給付金を請求します。
この時に保険証番号や手術名、事故原因などの記入を求められます。

 

一般的な事例内容になります。保険会社や契約内容、特約の内容によって、変わってきます。疑問点、不明点は担当者やコールセンターに問い合わせをして確認する事が大切です。わからないからと言ってそのままにしておくことが一番ダメです。

スポンサードリンク

 
保険 見直しのコツとタイミング 保険 特約 必要 保険相談 Q&A