保険 見直しのコツ

スポンサードリンク

保険見直しのコツとタイミングは?

保険っていうのは種類が多いし保障内容も違うし細かい決まりごとが多いから、私たちのような素人には、よくわからないっていうのが本音です。

 

(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん

 

今、契約している保険も、実は昔契約した内容だから保険料の払い損ってこともあって、同じ契約内容なら違う保険会社の保険のほうが支払う保険金額が安いケースが多かったりもします。
w(゚o゚)w

 

でも、素人にはわからないし調べる時間も無いから、みなさん、保険アドバイザーに相談するんですね。
(・∀・)

 

保険の契約内容をチェックする

誰に対する保険か?

しっかりと確認する必要があります。

 

契約者・・・保険会社と保険契約を結んで契約上の義務と権利を持つ人です。
被保険人・・・この人の生死・病気・怪我などの保険の対象になる人です。
保険金受取人・・・保険金を受け取る権利を持つ人。

 

保険内容と保険金を受け取れるケースは?

これをキチンと説明してもらい、理解しておく必要があります。理解できるまで何回でも質問する必要があります。

 

 

『主契約』とは生命保険のベースとなる部分です。

終身と定期と2通りあるのが基本です。

 

終身保険・・・一生涯にわたり被保険者の死亡、高度障害を保障します
定期保険・・・一定期間、被保険者の死亡、高度障害を保障します。

 

 

年金保険の例
保証期間付き終身年金・・・被保険者が生存している限り年金が支払われ、保証期間中に被保険者が死亡した場合は死亡一時金が支払われます。

 

確定年金・・・被保険者が年金支払い期間中に生存しているかぎり年金が支払われます。年金支払い期間中に被保険者が死亡した場合は死亡一時金が支払われます。

 

 

『特約』とは主契約に付加して保障内容を充実させるものです。

特約の内容によっていくら受け取れるのか?金額とケースが大きく違います。

 

保険金額・・・満期時や死亡など一定の支払い事由が生じたときに受け取る金額です。保険金以外には給付金、年金などがあります。

 

特約の例
死亡保険金額(主契約)4百万円
死亡保険金額(定期保険特約)4千万円
がん入院給付日額5千円
災害入院給付日額5千円
疾病入院給付日額5千円

*特約がないと主契約のみの保険金額の支払いになりますが、特約を付けないと契約できないケースが多いです。

 

特約の最近の事例をまとめてみました。
≫≫ 保険 特約 必要

 

 

期間

保険料の支払期間は?保障期間は?忘れずに把握しておく必要があります。

 

保険期間・・・保障が続く期間の事です。一定期間を保障する時は『65歳まで』とか『10年』などと記載されており、また一生涯保障されるときは『終身』と記載されています。

 

払込期間・・・保険料を払う期間の事です。

スポンサードリンク

 
保険 見直しのコツとタイミング 保険 特約 必要 保険相談 Q&A