保険 見直し

スポンサードリンク

保険の見直し

保険には様々な種類があります。そのたくさんある種類の中から、私たちの人生において誰もが考える保険が自分の身体や生命についての保険

 

独身の時はそんなに深く考えなかったのに、結婚をして子供が生まれて家庭を持つと、人って『安定』を求めますよね。それは当然のことですし、求めて当然だと思います。

 

家族を養わないといけないのに大病を患ったら・・・。自分に非が無くても万が一のことに巻き込まれたら・・・。

 

だから、みんな、もしもの時の為に『生命保険』や『がん保険』に加入します。
しかし、保険って素人にはかわりにくい面が多々あります。一昔前はそれこそ複雑で難解でした。最近では、保険会社も私たちにわかりやすいような内容や文言の保険を提供してくれはじめているので、理解しやすくなっていますが、それでもまだまだ複雑です。保障内容や保険金を支払うことができる、できないといった細かなことは、保険のプロに聞かないとわかりません。

 

 

保険の見直しは常に必要

保険は、私たちの人生のステージにおいて必要な内容が大きく違います。子供が小さい内は、若い夫婦には学資保険が必要ですし、住宅を購入する時は万が一の時でもローンが支払えるように『生命保険』や『がん保険』に加入します。人生も後半になってくると、今度は『保険料の支払い』という段階に入ります。

 

人生のその時その時で、私たちが保険に求めるものは違ってきます。だから、保険の見直しは必要です。世の中にはたくさんの保険会社もありますし、たくさんの商品があります。払い込む事ができる保険料と将来保障されたい保険金の希望額の兼ね合いもありますし、保障期間の希望もありますよね。

 

今の自分に適した保険を見つけて、良き人生を送るためには、保険の見直しが必要なんですよ。
(・∀・)つ

 

保険の契約内容をチェックして理解するコツを書いてみました。
≫≫ 保険 見直しのコツとタイミング

 

 

保障の見直しについてのQ&A

生命保険の見直しのやり方がわかりません。

見直すタイミングとしては、結婚・出産などの経済的な責任が増したとき、マイホームを購入したとき、転職、退職など人生の大きな変化が起こった時に保障の内容を見直すのがいいです。
また、保険加入後、何年か経過すると、医療制度・年金制度などの社会的制度の環境も変化しています。
ですので、定期的に人生の節目に保障内容を確認することがポイントです。

 

 

満期保険、年金に関するQ&A

契約している保険が満期を迎えます。何か手続きはありますか?

一般的に満期日の1か月前までに所定の書類が届きます。それを記入して保険会社に提出します。(必要書類の添付もあります)年金保険の年金受け取りの際も同様です。

 

年金を受け取っていますが、将来受け取る年金を、今受け取ることができますか?

できます。保障期間付終身年金の場合は、保証期間内のまだ受け取っていない期間の年金現価のみ精算し、一括で受け取ることができます。保証期間後に被保険者が生存していれば(生きていればw)生涯年金を受け取ることができます。
確定年金の場合は残存年数分を精算して一括で受け取ることができ、その時点で契約は終了します。

 

 

保険料の支払いについてのQ&A

口座残高が不足してしまい、保険料が引落とされませんでした。どうすればいいでしょうか?

翌月の口座振替日に2ヶ月分が引落されます。

 

団体扱いで保険料を払っていましたが退職します。退職後の保険料はどうなりますか?

支払い方法を口座振替に変更する手続きをします。また、保険料も変更になる可能性があります。担当者に問い合わせて詳細を確認することをおすすめします。

 

諸事情により保険料を暫くの期間払えないかもしれません。解約しないで続ける方法はりますか?

保険料の『自動振替貸付』制度があります。解約時払戻金の範囲で自動的に保険料を立替える事がことができます。(結局、身銭を切るってことです。)w(゚o゚)w
また、保険会社所定の利率にて利息が付与されます。解約時払戻金の中から保険会社に利息を取られるので(将来戻ってくる保険金が減るってことです)自動振替貸付は利用しないほうが身の為です。
*利率は保険会社によって違います。

 

更新タイプの定期保険を契約しています。入院中でも更新できますか?

できます。契約者から更新しないという申請をしないかぎり契約は自動的に更新されます。*年齢によっては更新できないケースもあります。

 

こちらのページにもQ&Aをまとめました。
保険相談 Q&A

 

スポンサードリンク

 
保険 見直しのコツとタイミング 保険 特約 必要 保険相談 Q&A